半永久的に効果を発揮できる訳ではありません

半永久的に効果を発揮できる訳ではありません

長くは持続できませんため一時的な美容目的で行うには最適ですが、半永久的なものを望む場合は別の手段を選択する必要があるのです。切開した傷跡を再度切開することの方がし兼ねるですけど、ボトックスでは医学的に問題の欠如間隔を空ければ何度でも注射をすることは可能です。メリットの一杯ボトックスですが、効果の持続期間が限定的な部分にデメリットがあります。本格的な整形手術みたいに半永久的に効果を発揮出来る訳ではありませんので、短簡期間のうちに元に戻ってしまうのが特徴となるのでしょう。切開が必要な本格的な手術は半永久的に持続しますが、やり直しが簡単ではないのかという問いがあげられます。ボトックス注射は美容業界でも多種多様なものに使用されていますが、注射のみで効果が発揮できるため切開を必要とする手術に比べれば術後のダウンタイムを軽減出来るメリットがあげられます。人にによりましてもちがいますし、部位によっても異なりますが、持続期間は6ヶ月程度となるんです。施術では傷跡が気に触るのですが、ボトックス注射は傷跡が目立たないこともメリットの一つとなってくるでしょう。。

トップへ戻る